難しい問題


多くの人たちが、今相続の問題は税理士をお願いしようというモチベーションを持っているようです。相続財産が現金、預貯金、有価証券などのみで構成されていれば自分自身で相続問題を片付けることが出来ない訳ではありません。そして税務署や金融機関などに通える時間があるマメな人たちなら、自身で相続問題を片付けられない訳ではありません。そして、税務調査対応や、追徴のペナルティのリスクを受け入れられることが出来る人たちです。つまり、やっぱり自分自身で相続問題を片付けることには相当なリスクが存在していると考えていいでしょう。

そして多くのみなさんはリスクを最小限に留めるために税理士などに相談をすることになります。税理士に相談しても、相続税申告に係る事務書類の整理などの問題をスムーズに片付けることが出来ずかなり時間がかかってしまうケースがあります。それ程までに書類の整理は大変なものと考えた方がいいです。税理士に相談しても時間はかかるのかもしれませんが、まずは税理士に相談するモチベーションを当たり前に持つべきではないでしょうか。

そして、相続した財産の今現在の売値と、相続税法上の価値は異なる場合がほとんどなので、一般人がなかなか対処出来ない難しさがあります。