税務調査に遭遇


みなさんが相続税を申告する時において、基礎控除以外、配偶者の税額軽減、小規模宅地等の特例、広大地などの方法を適用することによって、 相続税が減額できる控除制度が利用出来ます。みなさんが、そのような制度の種類までしっかり熟知しているというのなら、税理士に相談せず、自分自身で出来ると言ったもいいかもしれませんが、みなさんはやっぱり相続と向きあうためのノウハウが全然備わっていないと言ってもいいのではないでしょうか。

年々少しずつ内容が変わるたりして、 控除制度は一つ一つに厳しい適用要件があったりして、かなり普通の人たちがこのようなシステムと向きあうためには、かなり敷居は高いと言えます。そして、みなさんが実際に申告したとしても、申告日より最長7年間は、税務調査により細かなチェックをされる可能性があります。そのような時、税理士に相談する姿勢を持つことで、緊急事態の頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。

みなさんは、果たして税務調査としっかり向きあうことが出来るのでしょうか。自分自身がやるから、100%の確率で、税務調査という問題と遭遇してしまうことになるかもしれません。もう一度考えてみましょう。みなさんが税理士に相談しない理由はなんなのでしょうか。