適切な税額算定


相続した財産の現状の売値と、相続税法上での価値は違うケースも多くあります。 相続税法上の価値によって税額は決まるというルールに一般人がおいそれと対応することが出来るでしょうか……。やっぱり相続は難しい問題とはじめから思うべきではないでしょうか。

例えば、相続財産に自宅、賃貸物件、土地と言った不動産が含まれている場合には、路線価・固定資産税評価額を使用して価値を「評価額」として算出する必要があります。そして、出した数値をベースにして相続税を導き出して行くことになります。

一般の人たちが出来るのは、単純計算までなのではないでしょうか。不動産特有の減額要素を調度良く評価額に反映せることに自信がないというのなら、やっぱりそのとき税理士に相談するモチベーションを持った方がいいかもしれません。そのとき、みなさんは、実際に支払いしなくてもいい高い税金の支払いをしてしまうことにはなりはしないでしょうか……。

多くの人たちは、出来る限り損をしたくない思いから、税理士に相談する姿勢を持っています。みなさんがしなければならないのは、適切な税額算定ということです。余分に多く納めすぎた税金はある一定期間を過ぎてしまえば戻すことは出来ません。